CAPM®資格制度が新しく変わります


CAPM®資格継続要件(CCR)の最新情報

CAPM®資格継続制度の最新情報のTOPページ画像

CAPM®資格継続制度が2020年10月1日より新しくなります。


米国PMI(Project Management Institute)本部より、CAPM(Certified Associate in Project Management )®の資格継続制度について最新情報が発表されています。

 

JPSビジネスカレッジでは、米国PMI本部の発表をもとに、CAPM®資格継続要件(CCR: Continuing Certifications Requirement)の最新情報を、日本語でわかりやすくご案内いたしております。

なお、米国PMI本部より、随時最新情報や詳細がアップデートされ、本ページの内容と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

 

詳細な情報につきましては、米国PMI本部サイトhttps://www.pmi.org/update-center/certification-changes/capm-ccr-changes)にてご確認ください。

CAPM®とは?


CAPM®とは、Certified Associate in Project Management の略で、プロジェクトマネジメント業務においてハイレベルのパフォーマンスを達成することができるプロジェクトマネジメントのプロセス、専門用語、プロジェクトマネジメントの専門知識を習得していることを証明する、米国PMIの認定資格です。

 

プロジェクト・チームメンバーや新人のプロジェクト・マネジャー、大学生、大学院生を対象に、受験者のプロジェクトマネジメントに関する経験や教育、知識を定量的に測り、プロフェッショナルであることを、米国PMIが認定しています。

高校卒業またはそれに準じる資格と、23時間の公式なプロジェクトマネジメントの研修を受講していれば誰でも受験できるため、プロジェクトマネジメント資格の入門編として受験しやすいことが特徴です。

何故、CAPM®の資格継続制度が変更されるのか?


PMP®有資格者だけでなく、CAPM®有資格者も、PDUを取得することでプロジェクトマネジメントの新しい発展やトレンドについて最新の情報を得ることができるため、PDUの取得は時間と労力に対する、より価値のある投資と言えます。

 

新しいCAPM®資格継続プロセスは、CAPM®有資格者がPDUを取得するための様々な機会があり、CAPM®有資格者にとって、より簡単でリーズナブルなものになります。

 

CAPM®有資格者が他のPMI®認定資格を持っている場合、他の認定資格で取得したPDUをCAPM®のPDU要件に適用することができます。例えば、CAPM®有資格者がPMP®も保有している場合、PMP®で取得した60PDUのうち15PDUをCAPM®の更新時に申請することができます。

CAPM®資格継続制度の変更のポイント


現時点で、CAPM®には更新制度がないため、CAPM®有資格者が資格を継続する場合、5年間の認定サイクル終了時に再受験する必要がありますが、2020年10月1日より5年限りの認定資格制度が撤廃され、CAPM®資格がPDUによる更新制度に移行します。

 

今後、CAPM®有資格者は、米国PMI本部の資格継続プログラム(CCR:Continuing Certification Requirements Program)を通じて、より短い認定サイクルでPDUを取得し、PMP®など、米国PMI本部の他の認定資格と同様に、現役の認定資格保有者であり続けることができるようになります。

 

CAPM®認定サイクルは5年から3年に変わります。

CAPM®有資格者は、新たな3年間の資格継続サイクルで15PDUを獲得し、資格更新料(会員:60ドル、非会員:150ドル)を支払うことで、CAPM®資格を継続することができるようになります。

CAPM®資格継続制度(2020年10月1日~)
資格更新 3年ごと
必要PDU 15PDU
資格更新料 会員 60ドル 非会員 150ドル

 

【2020年9月30日以前に試験に合格した場合】

5年間の認定サイクルの後、認定サイクルが3年間になります。

 

【2020年10月1日以降に試験に合格した場合】

3年間の認定サイクルで資格を更新できます。

1.CAPM®の更新にあたり、PDUカテゴリの「教育」と「ギブバック活動」でPUD申請が可能になります。


CAPM®更新・維持に必要なPDUの申請カテゴリは、「教育」と「ギブバック活動」の2つのカテゴリに分かれます。

「教育」カテゴリ 必須要件 ・米国PMI®に登録された教育機関であるR.E.P.が提供する教育コースへの参加
・PMIやPMI支部、PMIコミュニティが提供するイベントへの参加
・大学やPMIに未登録の研修提供機関が開催するプロジェクトマネジメント関連ノ教育コースへの参加
・所属企業が提供する研修/Webinerへの参加
・自習など

これらの活動時間に応じて、CAPM®更新・維持に必要なPDUを申請します。
「教育」の申請カテゴリ

1. Technical Project Management:
 プロジェクトマネジメント技術
 プロジェクト、プログラム、ポートフォリオ
 マネジメントの領域における知識、技術、
 行動・ふるまい

2. Leadership:
 リーダーシップ
 組織のビジネスゴール達成を支援するリーダー
 シップ志向や分野横断的技術に関する知識、
 技術、行動・ふるまい

3. Business and Strategic:
 ビジネスと戦略
 パフォーマンスを向上させ、より良い事業成果
 を出すための 業種・業態および組織に関する
 専門知識
「ギブバック活動」カテゴリ オプション ・ボランティア活動
・プロジェクトマネジメント知財の新規開発
・プロジェクトマネジメント領域でのプロフェッショナル活動など

これらの活動時間に応じて、CAPM®更新・維持に必要なPDUを申請します。
「ギブバック活動」の申請カテゴリ

1.プロジェクトマネジメント領域でのプロフェッショナル活動
2.プロジェクトマネジメント知財の新規開発
3.ボランティア活動

3.CAPM®更新に必要なPDU要件で、「教育」に関する申請カテゴリの”最低申請PDU数”が定められます。


CAPM®の更新・維持に必要なPDUは合計15PDUですが、そのうち「教育」カテゴリでは「最低6PDU」を取得する必要があります。さらに、教育カテゴリに紐づいている3つのサブカテゴリで、それぞで最低2PDUを取得することになります。

  1. Technical Project Management(プロジェクトマネジメント技術):PDU
  2. Leadership(リーダーシップ):PDU
  3. Business and Strategic(ビジネスと戦略):PDU

3つのサブ・カテゴリでの最低取得PDUの合計は6PDUとなりますが、「教育」カテゴリ全体の最低PDU申請数は9PDUですので、差分の3PDUが残ります。この残りの3PDUについては、3つのどのカサブ・テゴリでも申請可能となります。

 

 

もちろん、「教育」カテゴリだけで15PDUを取得・申請することも可能です。

CAPM®更新に必要な教育カテゴリにおける最低申請PDU数のイメージ画像

4.CAPM®更新に必要なPDU要件で、「ギブバック活動」に関する申請カテゴリの”上限PDU数”が定められます。


CAPM®の更新・維持に必要なPDUは合計15PDですが、そのうち「ギブバック活動」カテゴリでは「上限として6PDUまで」を申請することができます。

  1. プロジェクトマネジメント領域でのプロフェッショナル活動:上限 PDUまで
  2. ボランティア活動
  3. プロジェクトマネジメント知財の開発
    2と3 合計で上限 4PDUまで

 

 ギブバック活動でのPDU申請については、必須ではありません。

CAPM®更新に必要なギブバック活動カテゴリにおける上限申請PDU数のイメージ画像

CAPM®資格更新要件の全体像


以下に、2020年10月からのCAPM®資格継続制度変更の全体像をまとめてありますので、ぜひ、ご参考ください。

CAPM®資格継続に必要なPDU要件

PDUを取得できるeラーニングコース一覧


JPSビジネスカレッジでは、PDUを取得できるeラーニングコースを豊富にご用意しております。

2020年10月以降、皆様のCAPM®資格更新にご活用ください。

 

●PDU取得シリーズeラーニングはこちら

申請サブ・カテゴリ 取得PDU コース名
Leadership 10 プロジェクトマネジメントのためのプレゼンテーション(10PDU取得:リーダーシップ)
Leadership 10 プロジェクトマネジメントのためのリーダーシップ(10PDU取得:リーダーシップ)
Leadership 10 プロジェクトマネジメントのためのコミュニケーション技術 (10PDU取得:リーダーシップ)
Leadership 10 会議の目的とファシリテーション (10PDU取得:リーダーシップ)
Leadership 10 課題設定力と解決実行プロセス(10PDU取得:リーダーシップ)
Leadership 10 成果を出すタイムマネジメント(10PDU取得:リーダーシップ)
Leadership 10 パフォーマンスを上げるロジカル・シンキング(10PDU取得:リーダーシップ)
Strategic 20 要求定義(20PDU取得:ストラテジー)
Strategic 4 ソフトウェア資産管理(4PDU取得:ストラテジー)
Strategic 10 財務分析のための企業会計ベーシック
Strategic 14 DX 時代の IT 戦略基礎 ~ EA を活用した中長期情報化計画作成~(14PDU 取得)
Strategic 12 イノベーションを生み出すデザイン思考 ~基礎から活用まで~(12PDU取得:ストラテジー)
Technical 6 EVM 導入による実践的プロジェクトマネジメントの基礎 (6PDU取得:テクニカル)
Technical 35 IT サービスマネジメント (35PDU取得:テクニカル)
Technical 25 PMBOK®Guide第6版 要説 (25PDU取得:テクニカル)
Technical 20 【PMBOK®Guide第6版対応】リスク マネジメントの実践(20PDU取得:テクニカル)
Technical 20 【PMBOK®Guide第6版対応】 品質マネジメントの実践(20PDU取得:テクニカル)
Technical 16 ソフトウェア品質管理・テスティング(16DU取得:テクニカル)
Technical 10 アジャイル実務ガイド 要説(10PDU取得:テクニカル)
Technical 3 実践的プロジェクトマネジメント再入門(3PDU取得:テクニカル)
複数サブ・カテゴリ 35 【BABOK®v3対応】プロジェクト・マネジャーのためのビジネスアナリシス(35PDU取得:複数サブカテゴリ)
複数サブ・カテゴリ 35 【PMBOK®ガイド第6版対応】IT プロジェクトマネジメント (35PDU取得:複数サブカテゴリ)
公式学習時間 10時間 【アジャイル実践ガイド対応】PMP®試験対策テスト(公式学習10時間)※2020年11月30で販売終了予定
公式学習時間 35時間 PMP®受験対策セットコース(公式学習 35時間)
複数サブ・カテゴリ 70 PMP®更新応援セットコース①(70PDU)
複数サブ・カテゴリ 60 PMP®更新応援セットコース②(60PDU)
複数サブ・カテゴリ 55 PMP®更新応援セットコース③(55PDU)

お問合せはこちら


CAPM®資格継続制度の変更に関するご質問は、こちらのお問合せフォームよりお送りください。

内容を確認のうえ、3営業日以内に担当者よりご連絡、回答させていただきます。

メモ: * は入力必須項目です