メンバーの可能性を最大限に引き出すコーチング


~5つの視点と5のスキルで、チームパフォーマンスを最大化する~

コーチングプログラムのイメージ画像

コーチングが必要とされる理由とは?


プロジェクトマネジャーやプロジェクトリーダーは、メンバーの能動性を引き出すことが求められています。

 

それは何故でしょうか?

 

答えは簡単、人間は能動的に活動ができていると感じるとモチベーションが高まり、仕事の生産性も向上するからです。そのモチベーションを高めるための働きかけとして、相手のやる気を引き出すコミュニケーション、つまり、コーチングは非常に有効です。 

 

本研修では、コーチングの基本スキルと求められる態度について学びます。

コーチングプログラムはこんな方にお勧めです。


  1. 言葉では簡単だが「実践は難しい・・・」と感じている方
  2. コーチングのスキルを学びたい方
  3. メンバーとのコミュニケーションの質を高めたいと感じている方

本研修は、演習やディスカッションを交えて実践的にコーチングを体験・理解いただくための研修です。

スキルやノウハウの習得だけでなく、日頃のメンバーとのコミュニケーションについても考察をして頂きますので、研修での学びを翌日からの実業務に活用することができます。

コーチング研修で身につく「5つの視点」と「5つのスキル」


「メンバーとの1on1ミーティング(1対1の面談)の機会を増やしてください。」と経営幹部や人事から指導されるマネジャーやリーダーの方も多いと思います。本研修では、メンバーへの働きかけの視点(5つの視点)と具体的なスキル(5つのスキル)を身につけて頂けますので、研修受講後すぐに、自信をもってメンバーと接することができるようになります。

【5つの視点】

  1. 継続的かつ双方向のコミュニケーションの必要性
  2. 個別対応により、個々の特性を知りアプローチを変える
  3. 「答え」ではなく「問い」を共有することの大切さ
  4. メンバーが自身で考えたくなる関わり方
  5. メンバーのやり方やメンバーの主体性により成果を引き出す

【5つのスキル】

  1. アクティブリスニング(積極的傾聴)
  2. 効果的な質問
  3. アクノレッジメント(承認)
  4. フィードバック
  5. 提案と要望
1on1 コーチングのイメージ画像

コーチングプログラムの特徴


  1. プロコーチによる実践的内容
    実際のビジネス場面での自身のマネジメント経験や、企業の経営者や経営幹部へのコーチング・様々な企業研修から得た経験をもとに、世界最大のコーチング組織の認定資格を有したファシリテータが同プログラムを担当します。

  2. コーチとコーチィー双方の成長を目指す
    自身の言動特性を理解すると共に、コーチィー(コーチングを受ける側)の成長を意識したコミュニケーションの質を高めるポイントを学んで頂きます。また、その活動はコーチングする側の成長にも繋がることを理解頂きます。

  3. 即実践に繋がるツールの提供
    受講者の皆様には、翌日から即実践に使えるツールを提供します。このツールを活用し、繰り返すことにより必然とコーチングスキルを身につけることができます。

  4. オンライン研修にも対応
    プログラムを4分割することにより、4.5時間×4回のオンライン講座にも対応しております。

モデルカリキュラム例(2日間)


【1日目】

  • プロジェクトマネジメントにおけるコーチングの意義
  • コーチングとは?
  • コーチングデモ
  • コーチングスキル1:
    アクティブリスニングの解説・練習
  • コーチングスキル2:
    効果的な質問の解説・練習
  • コーチングスキル3:
    アクレノッジメントの解説・練習

【2日目】

  • コーチングスキル4:
    フィードバックの解説・練習
  • コーチングスキル5:
    提案と要望の練習
  • 褒めるとアクノレッジメントの違いは?
  • 個別対応のヒント
  • コーチング型プロジェクトマネジャーになる  には?

担当ファシリテーター


松本 ウィリアム 正貴

 

L&Dコンサルティング代表として、外資系企業・多国籍企業などグローバルで活躍するCEO、エグゼクティブを中心に1on1のコーチング、リーダーシップ研修プログラムを提供している。2014年まで広告代理店 電通で営業としてテレビ広告の立案に携わる。2019年までコーチングファームで、エグゼクティブコーチとして従事。バイリンガル・マルチカルチュラルな視点からのリーダーシップ開発を得意とする。

  • アメリカ生まれ。東京、マサチューセッツ州育ち。日英バイリンガル。
  • マギル大学デゾーテル経営大学院MBA取得・国際コーチ連盟(ICF)認定コーチ・MBTI認定ユーザー

ファシリテーターからのメッセージ


コーチング型プロジェクトマネジメント研修んpファシリテーターを担当でききることを、たいへん嬉しく思っております。コーチングは、リーダーシップ開発や部下育成のみならず、人財マネジメントやチームビルディングなど、様々な場面で活かせるスキルです。私は、数々のリーダーをコーチしてきた中で、コーチングは特にプロジェクトマネジメントにおいて役に立つと実感しております。

  • プロジェクトメンバーが自ら考えて動くようになるには、どうすればいいのか?
  • メンバーの主体的な行動を通じて、成果を出すということはどういうことなのか?
  • プロジェクトマネジャーがメンバーとの「対話」の時間を、なぜ持つべきなのか?

これまでに、このような問いを持っているたくさんのリーダーと対話を重ねてきました。

きっと、同じような問いを持たれている方はたくさんいらっしゃるかと思いますが、この研修は、そんな皆さまのための研修です。ぜひ、コーチングの魅力に触れ、周囲の人の自発的な行動を促せる「コーチング型マネジャー」を目指して、一緒に学びましょう!

コーチングプログラムに関するお問い合わせはこちら


コーチングプログラムに関するご質問、お問合せは下記のお問い合わせフォームよりお気軽にお送りください。

内容を確認のうえ、2営業日以内に担当者よりご連絡させていただきます。

皆様からのご連絡をお待ちいたしております。

 

※お問合せフォーム送信後の自動返信メールはございません。

メモ: * は入力必須項目です