【PMP®・CAPM®向け】PDU取得シリーズ eラーニング

パフォーマンスを上げるロジカル・シンキング(10PDU取得:リーダーシップ) 詳細

コース概要 教育カテゴリ:Leadership


本コースは、はじめて管理職になった方やその候補となる人を対象にしたコースです。ロジカル・シンキングに取り組むための心構えを学習します。ロジカル・シンキングの基本知識・スキルを学習し、最後にその知識とスキルを活用した問題解決とコミュニケーションのスキルについて学習します。本コースの学習により、効率的に仕事を進め、自分だけでなく部署や会社全体の生産性が上がることを目指します。

  • 受講期間:6か月 + 閲覧期間:6か月
  • チューターによる個別指導:なし
  • 標準学習時間:10時間 

学習目標

  • 客観的に筋の通った結論を導くことができる
  • 見落とされていた機会や脅威を発見できる
  • 効率的に問題発見や問題解決ができる
  • 相手を理解したうえで、説得力のある主張ができる

学習概要


組織全体の生産性を向上させるためのロジカル・シンキング

●コースの特徴1:登場人物によるエピソード形式でわかりやすく

本コースでは、登場人物(木村さんとその上司の不動マネジャー)が登場するエピソードをもとに学習を進めていきます。木村さんにはどのような課題があるのかを不動マネジャーが指摘したり、アドバイスしたりします。受講者のみなさんは、その内容を意識して、あとに続くレッスンを学習していく形式になっていますので、内容を把握しやすくわかりやすいコース設計になっています。

 

【コースの構成】

  1. 学習のベースとなるレッスン
  2. レッスンの内容を確認するPop Quizやエクササイズ
    ● Pop Quiz:
    思いつく限り書き出したり、ドラッグ&ドロップで空欄をうめたりする問題です。学習したことを生かして取り組みましょう。何度でも繰り返して挑戦できます。(解答記録は残りません。

    ●エクササイズ:
    問題文をよく読み、解答を自分なりにまとめたら、解答を記入し、送信します。
    送信後は、解答例や解説、ポイントをよく読んで、自分の解答がポイントを押さえられているか、よりよくするにはどのような観点が必要か参考にしてください。

●コースの特徴2:わかりやすい解説で自分の弱点を重点的にカバー

本コースでは、登場人物の木村さんが「一般的な解答や初心者が考えやすい解答」を示し、上司の不動マネジャーが「木村さんの解答にふくまれていない観点や注意すべきポイント」などをアドバイスする形式でエクササイズの解説をします。

木村さんの「初歩的な解答」と不動マネジャーの「模範解答」を比較することで自分の解答レベルを測ることができ、初歩的な解答へのアドバイスで弱点部分を重点的に補強することができます。

 

学習の流れ

本コースでは3つのステップでロジカル・シンキングを学習していきます。

 

● Step1 心構え:考える技術のベースを学ぶ

  • 当事者意識を持つ
  • 言葉遣いに気を付ける
  • あきらめずに問い続ける

● Step2 基本知識:基本的な個々の技術を学ぶ

  • 目的をおさえる
  • 枠組みを決める
  • 正しく論理展開する

● Step3 総合知識:あわせ技を習得する

  • 問題解決をする技術
  • 伝える技術

学習内容

● 第1章 ロジカル・シンキングの全体像と基本技術1(目的を押さえる)

「考える」とは/ロジカル・シンキングとは/ロジカル・シンキングの心構え(1)/ロジカル・シンキングの心構え(2)/目的を押さえる(1)/目的を押さえる(2)

PDU取得シリーズeラーニング パフォーマンスを上げるロジカルシンキングコース 第1章 学習内容イメージ

● 第2章 基本技術2(枠組みを決める)

枠組みの重要性/MECE を意識する/MECE のタイプ/MECE の切り口を考える/切れ味のよい切り口を探る

PDU取得シリーズeラーニング パフォーマンスを上げるロジカルシンキングコース 第2章 学習内容イメージ

● 第3章 基本技術3(正しい論理展開をする)

正しい論理展開の重要性/論理展開の基本パターン/演繹的論理展開/帰納的論理展開/演繹法の落とし穴(1)見えない前提への無関心/演繹法の落とし穴(2)前提の当てはめ違い/演繹法の落とし穴(3)論理展開の省略・飛躍/帰納法の落とし穴(1)少ない観察事項からの軽はずみな一般化/帰納法の落とし穴(2)偏った観察事項からの軽はずみな一般化/仮説を立てる

PDU取得シリーズeラーニング パフォーマンスを上げるロジカルシンキングコース 第3章 学習内容イメージ

● 第4章 総合技術1(問題解決する技術)

分けて考えることの重要性/分けて考えるためのツール:ロジックツリー/ロジックツリー作成のポイント/問題解決のステップ

PDU取得シリーズeラーニング パフォーマンスを上げるロジカルシンキングコース 第4章 学習内容イメージ

● 第5章 総合技術2(伝える技術)

論理を構造化することの重要性/説得力を高めるには/論理を構造化するツール: ピラミッドストラクチャー(1)/論理を構造化するツール: ピラミッドストラクチャー(2)/ピラミッドストラクチャー構造化のステップ

PDU取得シリーズeラーニング パフォーマンスを上げるロジカルシンキングコース 第5章 学習内容イメージ

その他

  • 本コースは、マネジメントスキルシリーズ『パフォーマンスを上げるロジカル・シンキング』コースを、プロジェクトマネジャーのために改変したコースとなっております。
  • 株式会社ネットラーニングは PMI®登録教育プロバイダー(REP)としてPDUならびに公式学習時間の発給を承認されており、本コースはPDU取得の承認コースです。
  • PMP®有資格者が本コースを修了すると10PDUが発給されます。
  • PMP®はプロジェクトマネジメント協会 (Project Management Institute, Inc.) の登録商標です。
  • PMBOK®ガイドとは、Project Management Institute, A Guide to the Project Management Body of Knowledge ガイドの略称です。 
  • PMBOKはプロジェクトマネジメント協会 (Project Management Institute, Inc.) の登録商標です。
  • PMI Registered Education Provider ロゴは、プロジェクトマネジメント協会(Project ManagementInstitute, Inc.)の登録商標です。

日本プロジェクトソリューションズのeラーニングサービスは、業界最多の導入実績を誇る株式会社ネットラーニングのコースを提供しています。

 

eラーニングサービスの推奨環境について

お客様がご利用されるパソコン環境をお申込前にご確認いただきますよう、お願いいたします。

以下URL、弊社パートナー企業(株式会社ネットラーニング)ページから詳細をご確認いただけます。

http://www.netlearning.co.jp/personal/environment/index.asp

 

お申込から受講開始までの流れにつきまして、ご質問、不明点などありましたら「お問合せフォーム」よりお気軽にお問い合わせください。

 

お申込から受開始までの流れ


PDU取得シリーズ PMI®認定eラーニング受講の流れ

STEP1 お客様情報入力・送信(必須)

利用規約、プライバシーポリシー、特定商取引に基ずく表示を確認・同意いただき、 

下記にありますお申込フォームからお客様情報(必要事項)を入力・送信してください。

 

※お客様情報を送信いただいたことで利用規約プライバシーポリシー特定商取引に基づく表示を確認・同意いただいたものとみなします。 

※法人のお客様は“ 特別料金プラン ”もありますので、別途「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。営業担当者より折り返しご連絡いたします。

※銀行振込・領収書をご希望の場合は、お申込フォームのチェック欄にチェックを入れてください。 

 

STEP2 受講料のお支払い(必須)

受講料を「カートに追加」ボタン(PayPal™決済)からお支払いください。

PayPal™アカウントをお持ちでない方もクレジットカードからご購入いただけます。

 

※お支払い方法として、銀行振込も選択できます。

※銀行振込をご希望の場合は恐れ入りますが振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

 

STEP3 eラーニング講座受講開始のご案内

ご入金確認後、3~5営業日以内に弊社パートナー企業(株式会社ネットラーニング)より「ユーザIDおよびパスワード」をEメールにてご連絡いたします。

 

※入金確認は通常お支払いの翌営業日になりますが、お支払い方法・お支払い収納機関によってずれる場合がありますのでご了承ください。

[ご注意] eラーニングサービス 推奨環境について

お客様がご利用されるパソコン環境をお申込前にご確認いただきますよう、お願いいたします。

以下URL、弊社パートナー企業(株式会社ネットラーニング)ページから詳細をご確認いただけます。

http://www.netlearning.co.jp/personal/environment/index.asp

 

お申込から受講開始までの流れにつきまして、ご質問、不明点などありましたら「お問合せフォーム」よりお気軽にお問い合わせください。

 

【JPS】 PDU取得シリーズ eラーニング お申込フォーム (入力必須)


利用規約等へのご同意に必要なお客様情報送信フォームです。コースご希望の方は、必ず下記のお申込みフォームの送信をお願いいたします。

 

利用規約(弊社パートナー企業:株式会社ネットラーニング)プライバシーポリシー特定商取引に基ずく表示をご確認ください。

内容に同意いただける方は下記のお申込フォームより「お客様情報入力・送信」とあわせて、お申込希望コースの「今すぐ購入」ボタンから受講料をお支払いをお願いいたします。

 

※お客様情報を送信いただいたことで利用規約プライバシーポリシー特定商取引に基づく表示を確認・同意いただいたものとみなします。 

※ご入金後のキャンセル・ご返金は致しかねますのでご了承ください。

※法人のお客様は“ 特別料金プラン ”もありますので、別途「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。営業担当者より折り返しご連絡いたします。

※銀行振込・領収書をご希望の場合は、お申込フォームのチェック欄にチェックを入れてください。

お預かりした個人情報は、以下の目的にために使用させていただく場合がございます。詳細は弊社プライバシーポリシーをご確認ください。 

  • 当社のサービスを提供するため。
  • サービスの利用料金の請求等、当社のサービス提供に付帯する業務を遂行するため。
  • 当社のサービス利用動向の調査および分析のため。
  • 当社に関する情報、当社が提供するサービスおよび付随情報等に関する情報提供のため。  
  • 当社の新しいサービスの研究または開発をするため。 

●複数コースをご希望のお客様へ

複数コースお申込みの場合には、お申込フォームにて「他にご購入したいコースはありますか? 」で「はい」をクリックしていただくと、2コース目以降のコースをお選びいただけます。

 

●会社様経由でお申込み・お支払い(請求書発行・銀行振込)ご希望のお客様へ

ご請求書の発行、会社様による銀行振込でのお支払いも可能ですので、お申込みフォームにて当該項目にチェックを入れてください。お申込みフォーム送信後、自動返信メールにてご請求書のPDFデータが送信されますので、そちらをもとに、銀行振込を行ってください。

 

ご購入はこちら



パフォーマンスを上げるロジカル・シンキング(10PDU取得:リーダーシップ)

 

本コースは、はじめにロジカル・シンキングに取り組むための心構えを学習します。

ロジカル・シンキングの基本知識・スキルを学習し、最後にその知識とスキルを活用した問題解決とコミュニケーションのスキルについて学習します。

本コースの学習により、効率的に仕事を進め、自分だけでなく部署や会社全体の生産性が上がることを目指します。

 

サブカテゴリ:Leadership

 

受講期間:6ヶ月+閲覧期間6ヶ月

学習時間:10時間

取得PDU:10PDU

チューター制:なし

 

領収書発行は日本プロジェクトソリューションズまでお申し付けください。

¥19,800

■PMP® CAPM®資格受験をお考えの方へ


JPSビジネスカレッジは、PMP® CAPM® 資格受験をお考えの皆様向けに各種サポートサービスをご提供しています。

複雑な試験申請(登録・申請プロセス、レジュメ英語翻訳対応)や、最適な学習方法(カリキュラム、教材テキスト)など、PMP® CAPM® 資格取得に向けたダンドリでお困り・お悩みの方は、ぜひ以下の弊社ページにお気軽にお越しください!!

 

・PMP® CAPM®資格取得支援トータルサポートサービスについて見てみる。

 ≫詳細はこちら

・PMP® CAPM®受験者向けPMBOK®Guide第5版対応 合格メソッドサービスについて見てみる。

 ≫詳細はこちら

7日間 無料メール講座「PMP®への道」
簡単登録はこちら

※1 ネットラーニング正規代理店 BtoC直販 カテゴリ 2015年度 実績。 

※2 eラーニング提供元:ネットラーニング社実績 2015年7月15日現在。

※日本プロジェクトソリューションズ株式会社は、米国PMI®登録教育プロバイダー(R.E.P)である株式会社ネットラーニングの正規代理店です。

※PMP,CAPM,PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。

※BABOK®は、International Institute of Business Analysisの登録商標です。