【PMP®・CAPM®向け】PDU取得シリーズ eラーニング

【PMBOK®Guide第6版対応】リスク マネジメントの実践(20PDU取得:テクニカル) 詳細

コース概要 教育カテゴリ:Technical


PDU取得シリーズeラーニング 【PMBOK®ガイド第6版対応】リスクマネジメントコースの実践コースのイメージアイコン

本コースは、PMP®あるいは PMP® 相当の IT系プロジェクトマネージャの方を中心に 最新のPMBOK® ガイド第6版にも対応するリスク・マネジメントに関して、ケースワークや事例を織り交ぜた、実用・実践を考慮したコースウェアです。

特に、一貫性の高い情報技術系のリスク・マネジメントケースワークを演習課題としており、コース修了の際にはリスク・マネジメントチェックシートが完成する仕組みになっています。

  • 受講期間:6か月 + 閲覧機関:6か月
  • チューターによる個別指導:あり
  • 標準学習時間:20時間

学習目標

  • プロジェクトリスクマネジメントの概論と実務とのギャップの理解
  • 実践的な演習やケースワークを通したリスクマネジメントを具体的に考え、実践する能力の育成

前提知識

  • プロジェクト・マネジャーである、またはそれと同等の知識がある( PMP®推奨) 
  • 「 PMI®公式認定 PMBOK®Guide第6版 要説 (25PDU取得)」コース、またはそれと同等の学習が済んでおり、PMBOK®Guideについて一定の理解があることが望ましい。
  • 本コースウェアではプロジェクトマネジメント知識体系ガイド第6版の所有を必須とはしておりませんが、よりスムーズな学習のために該当書籍の併読をお勧めいたします。

学習概要


リスクマネジメントの理解を深めながら演習課題で即実践

● コースのポイント1:実用・実践を考慮したコース設計

本コースは、PMBOK®ガイドにあるリスクマネジメントの内容をベースに、ケースワークや事例を織り交ぜた、リスクに対する実践学習ができるeラーニングコースです。一貫したケースワークと学習内容を反映した演習などにより、実用的かつ学んだ内容をすぐに活かせます。また、他分野での取り組みも参照しながら、プロジェクトの実務に伴うリスクをどのように捉え、評価し、それらに向き合うのかについて学んでいきます。

 

● コースのポイント2:ケースワークによる演習と専門スキルを持つチュータサポート

本コースでは、単に説明文を読むだけではなく、情報技術系のリスクマネジメントケースワークを一貫性のある演習課題にしており、コース修了時にリスクマネジメント用の一覧表が完成するしくみになっています。一覧表は、章を進めるごとに埋めていき、専門スキルを持つチュータとのやり取りによってブラッシュアップしながら完成させる形式になっています。 

学習の流れ

随所に設けたケーススタディで実践での活用方法を理解します。

 

● 第1章 プレ演習

内容に入る前に、状況設定からプロジェクトのリスクについて、どのような事項に目を配るべきなのか、受講者の現時点での知識や経験に基づいて考えていただきます。

この作業によって、コースで学ぶリスクについての着眼点の中で認識の薄かった部分についてより明確に意識していただきます。

PDU取得シリーズeラーニング 【PMBOK®Guide第6版対応】リスク マネジメントの実践コース 学習の流れ 第1章のイメージ

● 第2章 リスクとは何か

まず、「リスク」の定義や概念について改めて考えてみます。

リスクの定義、リスクの概念、リスクの捉え方について、プロジェクトマネジメントにおける考え方をその他の分野における考え方との比較でより的確に理解します。

 

リスクの定義/リスクの概念 - PMBOK と他の分野/リスクのとらえ方

PDU取得シリーズeラーニング 【PMBOK®Guide第6版対応】リスク マネジメントの実践コース 学習の流れ 第2章のイメージ

● 第3章 リスク・マネジメント概論

PMBOK ガイドに示された“プロジェクト・リスク・マネジメント”について、

その概念や実施ステップの考え方を確認しながら、各プロセスのポイントを学んでいきます。

 

“プロジェクト・リスク・マネジメント”の概念/ “プロジェクト・リスク・マネジメント”のステップ/ステップ1“リスク・マネジメントの計画”/ステップ2“リスクの特定”/ステップ3“リスクの定性的分析”/ステップ4“リスクの定量的分析”/ステップ5“リスク対応の計画”/ステップ6“リスク対応策の実行”/ステップ7“リスクの監視”

PDU取得シリーズeラーニング 【PMBOK®Guide第6版対応】リスク マネジメントの実践コース 学習の流れ 第3章のイメージ

● 第4章 プロジェクトマネジメントの知識エリアでみるリスク

PMBOK ガイド第 11.2 節の“リスク特定”でリスクを洗い出す際の網羅性確保の考え方の一例として、

10 個の知識エリアのうち“プロジェクト・リスク・マネジメント”そのものを除く9エリアの視点から、

プロジェクトに伴う典型的なリスクについて考えてみます。

 

“プロジェクト・スコープ・マネジメント”に伴うリスク/“プロジェクト・スケジュール・マネジメント”に伴うリスク/“プロジェクト・コスト・マネジメント”に伴うリスク/“プロジェクト品質マネジメント”に伴うリスク/“プロジェクト資源マネジメント”に伴うリスク/“プロジェクト・コミュニケーション・マネジメント”及び“プロジェクト・ステークホルダー・マネジメント”に伴うリスク/“プロジェクト調達マネジメント”に伴うリスク/ “プロジェクト統合マネジメント”に伴うリスク/アジャイル型ライフサイクルのリスク・マネジメント

PDU取得シリーズeラーニング 【PMBOK®Guide第6版対応】リスク マネジメントの実践コース 学習の流れ 第4章のイメージ

● 第5章 リスク・マネジメントの実践

実際のプロジェクトの中でのリスク・マネジメントのあり方について考えてみます。

リスク・マネジメントについても最低限留意すべきポイント、リスク・マネジメントで扱うリスクのフォーカスの決め方、

リスク・マネジメントのスコープの決め方などについて、考え方をまとめます。

 

プロジェクトマネジメントのボトムライン/リスク・マネジメントのフォーカス/リスク・マネジメントのスコープ決定

PDU取得シリーズeラーニング 【PMBOK®Guide第6版対応】リスク マネジメントの実践コース 学習の流れ 第5章のイメージ

● 第6章 “プロジェクト・リスク・マネジメント”の実務

“プロジェクト・リスク・マネジメント”のプロセスを実施することを念頭に置きながら、

リスクと課題の整理、ツールを用いたアクション対象の特定、優先度設定の考え方、リスク対応戦略のアプローチ、

モニタリングと是正アクションなどのポイントについて、その実務面での留意点について考えていきます。

 

リスクの特定-リスクと課題の整理/リスクの分析-ツールを用いたアクション対象の特定/リスクの分析-優先度設定の考え方/リスク対応戦略/モニタリングと是正アクション

PDU取得シリーズeラーニング 【PMBOK®Guide第6版対応】リスク マネジメントの実践コース 学習の流れ 第6章のイメージ

● 第7章 演習問題

本コースの最終課題として、状況設定からプロジェクトのリスクについて、どのような方針をもって対応を行うべきなのかを考えてみます。

第6章までで学んだ内容に沿って、プレ演習および小演習で作成を進めたリスク一覧の各リスクについて、

採用するリスク対応戦略のタイプを決定します。

 

エクササイズ – 演習問題

PDU取得シリーズeラーニング 【PMBOK®Guide第6版対応】リスク マネジメントの実践コース 学習の流れ 第7章演習問題のイメージ

その他

● 環境

本コースでは、Excelファイルをダウンロードし、課題に沿ってリスク一覧表を完成させ、コース上でファイルを送信します。そのため、次のような環境が必要です。

  1. Microsoft Excel 2007-2016、またはそれに準じた環境。
    (「Excel 97-2003 ブック (*.xls)、あるいは (*.xlsx) 」として、エクセルファイルを開き、変更・保存できる環境が必要です。

  2. web サイトにファイルをアップロードできる環境。
    (まれですが、セキュリティが強化された環境ですとファイルが送信できない場合があります) 

上記1.および2.の環境がない場合、コースを修了することができません。

  • 本コースで、PMBOK®Guideの内容に沿った リスク・マネジメントに関する20時間の公式なプロジェクトマネジメントの研修の要件を満たすことができます。品質、スコープ、タイム、コスト、人的資源、コミュニケーション、リスク、調達、統合マネジメントの知識エリアをふくんだ研修です。 
  • 株式会社ネットラーニングは PMI®登録教育プロバイダー(REP)です。
  • 本コースは PMI®より公式認定されたコースです。
  • PMP®資格受験者が本コースを修了すると、20時間の研修を受講済みと認定されます。
  • PMP®有資格者が本コースを修了すると20PDUが発給されます。

 日本プロジェクトソリューションズのeラーニングサービスは、業界最多の導入実績を誇る株式会社ネットラーニングのコースを提供しています。

 

お申込から受開始までの流れ


STEP1 お客様情報入力・送信

利用規約、プライバシーポリシー、特定商取引に基ずく表示を確認・同意いただき、 

下記にありますお申込フォームからお客様情報(必要事項)を入力・送信してください。

 

※お客様情報を送信いただいたことで利用規約プライバシーポリシー特定商取引に基づく表示を確認・同意いただいたものとみなします。 

※法人のお客様は“ 特別料金プラン ”もありますので、別途「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。営業担当者より折り返しご連絡いたします。

※銀行振込・領収書をご希望の場合は、お申込フォームのチェック欄にチェックを入れてください。

 

STEP2 受講料のお支払い

本ページ下部の「今すぐ購入」ボタン(PayPal™決済)をクリックし、受講料をお支払いください。

PayPal™アカウントをお持ちでない方もクレジットカードからご購入いただけます。

 

※Paypal決済をご利用の方は、こちらの注意事項をご覧ください。

 

※お支払い方法として、銀行振込も選択できます。

※銀行振込をご希望の場合は恐れ入りますが振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

 

STEP3 eラーニング講座受講開始のご案内

ご入金確認後、3~5営業日以内に弊社パートナー企業(株式会社ネットラーニング)より「ユーザIDおよびパスワード」をEメールにてご連絡いたします。

 

※入金確認は通常お支払いの翌営業日になりますが、お支払い方法・お支払い収納機関によってずれる場合がありますのでご了承ください。

[ご注意] eラーニングサービス 推奨環境について

お客様がご利用されるパソコン環境をお申込前にご確認いただきますよう、お願いいたします。

以下URL、弊社パートナー企業(株式会社ネットラーニング)ページから詳細をご確認いただけます。

http://www.netlearning.co.jp/personal/environment/index.asp

 

お申込から受講開始までの流れにつきまして、ご質問、不明点などありましたら「お問合せフォーム」よりお気軽にお問い合わせください。 

【JPS】 PDU取得シリーズ eラーニング お申込フォーム(入力必須)


利用規約等へのご同意に必要なお客様情報送信フォームです。コースご希望の方は、必ず下記のお申込みフォームの送信をお願いいたします。

 

利用規約(弊社パートナー企業:株式会社ネットラーニング)プライバシーポリシー特定商取引に基ずく表示をご確認ください。

内容に同意いただける方は下記のお申込フォームより「お客様情報入力・送信」とあわせて、お申込希望コースの「今すぐ購入」ボタンから受講料をお支払いをお願いいたします。

 

※お客様情報を送信いただいたことで利用規約プライバシーポリシー特定商取引に基づく表示を確認・同意いただいたものとみなします。 

※ご入金後のキャンセル・ご返金は致しかねますのでご了承ください。

※法人のお客様は“ 特別料金プラン ”もありますので、別途「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。営業担当者より折り返しご連絡いたします。

※銀行振込・領収書をご希望の場合は、お申込フォームのチェック欄にチェックを入れてください。

お預かりした個人情報は、以下の目的にために使用させていただく場合がございます。詳細は弊社プライバシーポリシーをご確認ください。 

  • 当社のサービスを提供するため。
  • サービスの利用料金の請求等、当社のサービス提供に付帯する業務を遂行するため。
  • 当社のサービス利用動向の調査および分析のため。
  • 当社に関する情報、当社が提供するサービスおよび付随情報等に関する情報提供のため。  
  • 当社の新しいサービスの研究または開発をするため。 

●複数コースをご希望のお客様へ

複数コースお申込みの場合には、お申込フォームにて「他にご購入したいコースはありますか? 」で「はい」をクリックしていただくと、2コース目以降のコースをお選びいただけます。

 

●会社様経由でお申込み・お支払い(請求書発行・銀行振込)ご希望のお客様へ

ご請求書の発行、会社様による銀行振込でのお支払いも可能ですので、お申込みフォームにて当該項目にチェックを入れてください。お申込みフォーム送信後、自動返信メールにてご請求書のPDFデータが送信されますので、そちらをもとに、銀行振込を行ってください。

 

ご購入はこちら



【PMBOK®Guide第6版対応】リスク マネジメントの実践(20PDU取得:テクニカル)

 

チューターとの活発なやり取りを通して、本格的なリスクマネジメント(リスクチェックシート作成)を演習形式で学べる内容です。

 

【ご購入前にご確認ください】

本コースでは、Excelファイルをダウンロードし、課題に沿ってリスク一覧表を完成させ、コース上でファイルを送信します。そのため、次のような環境が必要です。

  • Microsoft Excel 2007-2016、またはそれに準じた環境。
    (「Excel 97-2003 ブック (*.xls)、あるいは (*.xlsx) 」として、エクセルファイルを開き、変更・保存できる環境が必要です。)
  • web サイトにファイルをアップロードできる環境。
    (まれですが、セキュリティが強化された環境ですとファイルが送信できない場合があります) 

上記の環境がない場合、コースを修了することができません。

 

受講期間:6ヶ月+閲覧期間:6ヶ月

学習時間:20時間

取得PDU:20PDU

チューター制:あり

 

領収書発行は日本プロジェクトソリューションズまでお申し付けください。

¥41,800


PMP® CAPM®資格受験をお考えの方へ


JPSビジネスカレッジは、PMP® CAPM® 資格受験をお考えの皆様向けに各種サポートサービスをご提供しています。

複雑な試験申請(登録・申請プロセス、レジュメ英語翻訳対応)や、最適な学習方法(カリキュラム、教材テキスト)など、PMP® CAPM® 資格取得に向けたダンドリでお困り・お悩みの方は、ぜひ以下の弊社ページにお気軽にお越しください!!

 

・PMP® CAPM®資格取得支援トータルサポートサービスについて見てみる。

 ≫詳細はこちら

・PMP® CAPM®受験者向けPMBOK®Guide第5版対応 合格メソッドサービスについて見てみる。

 ≫詳細はこちら

 

7日間 無料メール講座 「PMP®への道」
簡単登録はこちら

※日本プロジェクトソリューションズ株式会社は、米国PMI®登録教育プロバイダー(R.E.P)である株式会社ネットラーニングの正規代理店です。

※PMP,CAPM,PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。

※BABOK®は、International Institute of Business Analysisの登録商標です。