人と組織をつくるInsights® Discoveryプログラム

人と組織をつくるInsights® Discoveryプログラム

関係の質を強化し、ビジネス結果の質を変える

自己理解を深め対人関係力を強化するワークショップ


管理職・プロジェクトマネージャーは、こんな課題で悩んでいませんか?

 

  • チームメンバーがさらなる能力を発揮できるようにサポートしたい
  • メンバー同士が協力・支援しあえる関係性を強化したい
  • 組織全体のパフォーマンスを高めたい
  • 戦略実行にドライブをかけるために、コミュニケーションの質を高めたい
  • チームミーティングを活性化させ生産性をたかめたい
  • 営業職のクロージング力を向上させたい

Insights® Discoveryとは?

Insights® Discoveryはユングのタイプ論をベースにして Insights社が開発した人間の思考・行動特性を分析するラーニングシステムです。自己の特性と他者の特性、その差によって生じているコミュニケーションギャップを科学的な見地から分析・解明します。

 

Discoveryの分析は最も分かりやすくシンプルな形式の個人の特性を4つのカラーエネルギーに分類していきますが、8タイプ・24タイプ・72タイプとより詳細に分析していくことが可能です。

 

各個人の分析レポートは強みと弱み、言動の盲点、改善・強化策など、A4サイズで40ページに渡る綿密で正確なものです。このレポートの記述を手掛かりにさらに自己理解を深めていけるのがDiscovery®の大きな特長のひとつです。

 

Discoveryと他のタイプ診断ツールとの違いは…

カラーエナジーというユニークなコンセプトで記憶に残りやすい(だから使える)

 

持って生まれた「気質」だけを診断するものではない(人間の可塑性を支持)

 

お互いの違いを尊重しながら、伝わるコミュニケーション戦略を立てることができる

 

専門機関(The British Psychological Society)で信頼性と妥当性が裏付けられている

 

が挙げられます。

 

心理的選好の「違い」を手がかりとして、お互いの関係性(組織・チーム・顧客・上司部下など)をより効果的にしていく方策を探究していきます。

 

 

 


言動スタイルの変化を目指す!

自分と他者の思考と行動の特性を理解し、建設的に話し合う「フレームワーク」を持つことは、いかなる人材育成および組織開発の基本です。

 

Discoveryラーニングシステムは、参加者一人ひとりが自らの分析結果に基づいて自己の思考や行動のパターンを認識する手助けとなります。Discoveryを用いたワークショップでは、自己を理解した上で、同じフレームワークを用いて共に働く他者の思考と行動の特性について理解し、より深い洞察を持ってメンバーと協働しながら高い成果を出すために必要な具体的な言動スタイルの変革を模索します。

 

また、チームビルディングのパワフルなツールとして、チームの特性を示唆するチームホイールを各人の分析結果から作成することができます。チームはこの分析を手掛かりに、チームとしての強みと弱み、起こりがちな事象などを検証し、チームの結束力を向上させるための施策などを構築することが可能です。

 

 

 

ワークショッププロセス

Discoveryワークショップは左のプロセスで設計されています。単に診断結果をフィードバックするだけでなく、様々なアクティビティを通じて、自分自身の特徴についての気付きを深めていきます。

自分について気付きを深める過程で、他者との「違い」を浮かび上がらせます。目に見えず、捉えどころのない自身のワークスタイルを「カラー」というコンセプトとホイールマッピングによる可視化によって深く理解することができます。

 

このコンセプトを活用することで、自分の周囲の人々の特徴を認識することが容易になります。自身との違いを踏まえた上で、どのように相手と「つながっていく」のかを考察することができます。

このように、関係性を高めていく必要のある相手を具体的にイメージできるため、職場に戻ってからのアクションが取りやすくなります。

 

また、詳細かつ個別具体的な診断結果(パーソナルプロファイル)が手元に残っているため、ワークショップ後にも継続的に活用・学習することができます。

 

 

受講者・クライアントの声

  • 視覚的にも分かりやすい「カラー」という概念や、カードやブロックといったツールを用いることでDiscovery プログラムが非常に「理解しやすい」という印象を持ちました。
  • 会議室内でフィジカルな動きを伴いつつ行なうエクササイズも非常に効果的だったと思います。
  • 自分の他者への関わり方やコミュニケーションの傾向に関して気づき、その理解を深めていくという点で、よりビジネスシチュエーションに見合っていると感じました。
  • 他者とのコミュニケーションにおいて、相手がどの「カラー」を強く持っているのかを想像することができるようになった。
  • 個別でのコミュニケーションでは、お互いにとっての前提ができた。
  • チーム内に「共通言語」が多く生まれ、必要としていたコミュニケーションの基盤づくりができた。

 

Insights® Discoveryプログラムの受講者の声はこちら

https://insights.wistia.com/medias/p8ad5keph7

https://insights.wistia.com/medias/a6cf87f5nt

https://insights.wistia.com/medias/19r4gyc0hm

https://insights.wistia.com/medias/zsu3s4sbw1

 

お問い合わせはこちら

メモ: * は入力必須項目です