新規事業開発とアントレプレナーシップ研修

~新規事業開発の成功率を高める方法~

●本研修はPMP®有資格者向けPDU対象の教育研修です。サブカテゴリ:Strategic:8PDU


新規事業開発とアントレプレナーシップ研修のイメージ画像

新規事業開発研修が必要とされる理由


企業が事業を回していくサイクル、それは、1.売上を上げる、2.経費を下げる、3.利益を創出する、4.利益を投資し、次の1.2.3.につなげること。

 

企業の未来を創る「投資活動」の一貫として「新規事業開発」があります。

 

新規事業開発は、企業や組織をさらに成長させるための未来への投資であり、未来にはリスク(不確実性)が存在します。

このリスクを事前に考慮し、独自の目標を期限内に達成することが新規事業開発に求められます。

 

そして、新規事業開発には独自の人財能力が必要であり、それが、「ビジネスモデルを俯瞰し考えられる能力」「アントレプレナーシップ(企業家精神)」です。

 

過去にも新規事業開発に関する研修はありましたが、これらはファイナンス的な視点での研修がほとんどでした。

新規事業開発においてファイナンスの知識やスキルはもちろん重要ですが、ビジネスの根幹をなしているビジネスモデルと、それを生み出す人材能力向上の研修はほとんどありません。

 

新規事業開発の成功率を高める方法、それは、新規事業に投資する前に人材の育成を行うことです。

 

JPSビジネスカレッジは、プロジェクトマネジメントの専門家集団として様々な大手企業様の新規事業開発をご支援しています。数多くのお客様の新規事業を成功に導いてきた経験と実績があり、それを可能にする独自の人財育成プログラムがあります。

 

本研修では、JPSビジネスカレッジの運営元である日本プロジェクトソリューションズ株式会社(JPS)、JPSが立ち上げたジョイントベンチャーの経営者および、関連会社の経営者がMBAの学問とビジネスの実践で培った知識をもとに、研修をご提供致します。

 

企業の未来を創るのは今がチャンス。

新規事業開発における成功率を高める方法をぜひ、本研修でご体感ください。


受講対象者


  • 現場管理職~経営幹部候補まで

新規事業開発とアントレプレナーシップ研修は、企業の現場管理職から経営幹部候補生まで、幅広いレンジの方々にご受講いただいています。

 

新規事業開発の芽は現場と経営双方の場から生み出されるものであり、現場には現場の視点が、経営幹部候補には経営幹部候補の視点があります。

 

本研修では、このような、人間が本来持っている「新たなことを創造する力」に焦点をあてています。

新規事業開発における社会科学の手法をもとに、新規事業開発やアントレプレナーシップのメカニズム、それを体得するための様々な仕掛けがなされており、こうして、JPSビジネスカレッジの新規事業開発とアントレプレナーシップ研修は選ばれています。


新規事業開発とアントレプレナーシップ研修の特徴


JPS独自の体感型・実践型研修メソッド

  • 座学講義形式は半日のみ。
  • 残り半日は徹底的にOJT形式で実践的なビジネスプランニングや事業計画策定。
  • 研修終了後には新規事業のアイデアが形になっている、通常の研修の概念では考えられないJPS式研修メソッド。 

JPSビジネスカレッジの研修プログラム理念

  • 研修では「自分の部下を実際に指導する」ような実践的な内容になっているか。
  • 受講者様ご自身がお客様の立場だった時に、当該プログラムは成果が目に見える内容になっているか。
  • 短時間で成果が出るような費用対効果の高い研修になっているか。

JPSビジネスカレッジの講師陣は、研修事業を「研修の販売」と考えません。

お客様企業内での「教育専門講師のアウトソーシング」と考えていますので、理念の中にはお客様視点で、お客様企業の一部として「徹底的に実践的な研修プログラム」にこだわっており、それが、JPSビジネスカレッジの研修が他とは違う理由です。


カリキュラム例(1日集中プログラム例)


※カリキュラムは予告なく内容が変更になる場合があります。

スケジュール 時間 成果物
新規事業開発の基礎知識
企業における新規事業の位置づけ、新規事業開発方運用開始までの全体像を理解します。また、新規事業開発を行ううえで不可欠な「アントレプレナーシップ」と「イノベーションとは何か」を理解します。
90分 ・テキスト
・「新結合」発想シート
新規事業構想の基礎技術
新しいアイディアを創造する様々な手法を理解します。
「正しい問いかけの重要性」「新規事業のポジショニング」「新製品創造 VS 新ビジネスプラットフォーム創造」「既存製品・サービスを新たなものに変えるオズボーンリスト」「日経から読み取るメガトレンドとコア・コンピタンスを結びつける」「顧客ニーズと技術シーズの融合」などの手法を理解します。      
90分 ・テキスト
実践的グループワーク(ビジネスプランニング)
ビジネスプランシートの全体像を講義のうえ、ビジネスプランシートを利用した、ビジネスプランニング体験を実施。顧客、提供する価値、提供チャネル、顧客との関係、収入、資源、活動、パートナー、コストの関連性を学びます。
135分 ・テキスト
・ビジネスプランシート
実践的グループワーク(事業計画書作成体験)
事業計画書の全体像を講義のうえで、ビジネスプランシートで明文化したビジネスプランを事業計画書にします。
提供する事業計画書のフォーマットに対してビジネスプランを落とし込み、より明確な事業計画書を策定します。授業後、ホームワークとして、事業計画書を詳細まで作りこみます。
135分 ・テキスト
・事業計画書シート
最後に/研修振り返り/質疑応答
事業計画書策定後の重要部分を説明します。
また、研修の振り返りを実施します(プロジェクトマネジメント研修とセットの場合は、プロジェクトへの移行について説明します)。最後に質疑応答で質問などについて回答します。
30分 ・プロジェクトヴィジョンシート

実践的テキストとツール類を提供


JPSビジネスカレッジでは、テキストとツール類にもこだわりがあり、徹底的に「実践」にこだわるのが、JPSビジネスカレッジの研修および、ご提供ツールの特徴です。

 

各種ツールやフォーマットは、誰でも利用できるマイクロソフトワードやエクセル形式でご提供しており、これは、研修後に現場で習得した知識を即時利用し成果をあげやすくするコンセプトのひとつです。

  • 実践的テキスト
  • 現場業務に戻ってすぐに利用できる、事業計画書フォーマット、ビジネスコンセプトシートフォーマット

実践的研修雰囲気(少人数の例)


新規事業開発は会社にとって大変重要な投資案件ですので、受講者の皆様には大変恐縮ですが、本研修は徹底的に頭と体を動かす実践的ブートキャンプ方式です。

 

この徹底的に実践型にこだわったプログラムが、JPSビジネスカレッジの研修が大企業や先進的中小企業の皆様に採用されている理由です。


信頼と実績に裏付けられた受講者満足度


【受講者アンケート結果】

※5点満点を基準とした評価結果です

 

満足度:4.92点/理解度:4.83点/有益度:5.00点/講師クオリティ:4.96

 

現在の業務にすぐに使える内容だから、受講者満足度も高くなっています。


大好評の「実践的プロジェクトマネジメント研修」を組み合わせた2日間の研修


ビジネスは、1.全社戦略・事業戦略(競争戦略)・マーケティング戦略、2.ビジネスプランニング、3.プロジェクトマネジメント(事業立ち上げ)、4.定常業務・継続業務の順番で進んでいきます。

 

ビジネスプランニングは行った後に、「ビジネスプランを現実化させる組織力、能力が欲しい」とお考えの場合は、本研修に加えて「実践的プロジェクトマネジメント研修」の2日間研修をご検討ください。

 

多くのお客様の提供実績から、より成功率の高い新規事業開発を目指すことができます。

 

●実践的プロジェクトマネジメント研修の詳細はこちら


マネジメントを知り尽くした講師陣


JPSビジネスカレッジの研修講師は、マネジメントを知り尽くした講師陣が自慢です。

講師はプロジェクトマネジメント国際有資格者がしっかり対応いたします。さらに、現役でお客様企業の現場で経営者の課題に向き合い、課題解決を実践し価値を提供し続けている各分野のプロフェッショナルが講師として登壇いたします。


研修のカスタマイズおよび価格について


●研修プログラムのカスタマイズについて

 

JPSビジネスカレッジでは、お客様の状況やご要望に応じて、研修プログラムのカスタマイズを行っております。

お客様企業にとってより実践的な研修にするためにはカスタマイズが必要となる場合もありますので、お気軽にご相談ください。

 

●ご料金

  • 最低受講者数:4名様~承っております。

カスタマイズ内容、受講者人数(大人数の方が受講者1名あたりの研修料金はお安くなります)、実施場所等によりご料金は変動いたしますため、お問合せいただいたのちに迅速にお見積もりさせていただきます。

 

また、受講者人数や実施場所がお決まりでない場合でも、バリエーションのお見積りをさせていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

 


お問合せ 、ご相談はこちら


新規事業開発とアントレプレナーシップ研修についてのご質問、価格、研修プログラム、研修の詳細などは、下記のお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。内容を確認のうえ、2営業日以内に担当者よりご連絡させていただきます。

 

※フォーム送信後の自動送信メールはございません。 

メモ: * は入力必須項目です

※Eメールアドレスを誤って入力されますと、ご返答ができませんので、ご注意いただきますようお願い申し上げます。